ボーイ・ミーツ・プサン
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
東京最終日! 吉田康弘監督、滝本憲吾監督登場!
2007 / 10 / 11 ( Thu )
さて本日がシネ・ラ・セットの最終日。
朝10時と夜21:30の2回のみです。

そして夜の回には、
「キトキト」の吉田康弘監督、
「サディスティックミカバンド」の滝本憲吾監督が
ラストトークを飾ります。

お2人は武監督と共に、
「パッチギ」等の井筒組を助監督として支えた仲。

という訳でお2人のプロフィールをそれぞれのサイトから
転載してみました。


◆吉田康弘監督
1979年7月5日生まれ。同志社大学卒業後、なんばクリエイターファクトリー映像コースで井筒和幸監督に学ぶ。同監督作品『ゲロッパ!』(03)の現場に半ば押しかけるように見習いとして参加し、映画の世界へ。その後『パッチギ!』(05/井筒和幸監督)、『村の写真集』(05/三原光尋監督)、『雨の街』(06/田中誠監督)、『嫌われ松子の一生』(06/中島哲也監督)の制作に参加。『キトキト』で初監督に挑戦!

【公式サイト】http://www.kitokito-movie.com/

『キトキト!』DVD、
11/22発売決定!


詳細は、DVD特設ページ
http://www.kitokito-movie.com/dvd.html



◆滝本憲吾監督
1979年大阪府出身。吉本興業系の映像専門学校NCF(なんばクリエイターファクトリー)で井筒和幸ゼミ第一期生として在学し、井筒作品の現場に出て鍛えられる。『ゲロッパ!』で初めて劇映画の現場に監督アシスタントとして参加。その後上京し『クイール』(崔洋一監督)、『やわらかい生活』(廣木隆一監督)、『女神のかかと/female [フィーメイル]』(西川美和監督作)、『嫌われ松子の一生』(中島哲也監督)、『パッチギ!』『パッチギ! LOVE&PEACE』など様々な撮影現場に助監督として参加。本作品にて監督デビューを果たす。

【公式サイト】http://www.cqn.co.jp/SMB/

「サディスティック・ミカ・バンド」は
いよいよ明日10月13日(土)より
シネカノン有楽町2丁目(新館!)にて



ということで、
劇場でお会いしましょう!
(「SMB」も・・・?)

スポンサーサイト
18:30:48 | 最新情報 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<東京終了! また逢う日まで | ホーム | 主題歌『a Boy & Girl』について>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://boymeetspusan.blog114.fc2.com/tb.php/45-0e631dbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
映画監督 原一男
★ 今週の邦画ランキングはこちら →→→川井憲次×押井守 コンサートとラジオをテーマに記者会見10月11日、文化放送本社で映画監督押井守と作曲家川井憲次の両氏を招いた記者会見が行われた。 これは11月4日に横浜・パシフィ 新作DVDセレクション【2007/10/12 10:04】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。