ボーイ・ミーツ・プサン
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
コメントその2
2007 / 08 / 31 ( Fri )
あたたかいコメントがまたまた届きました!


80分間、主人公のクリハラさんと一緒に旅をしていたような・・・
今いる場所から少し動きたい気分になりました。
1人でふらりと、あまり準備せず旅に出てもいいかな、と。
観終わった後、そう思わせてくれる作品でした。

                      -----------吹石一恵(女優)


武くんはヒゲがはえているが少年の心の持ち主だ
そこいらに転がった子どもみたいなオトナではない
”ボーイ・ミーツ・タケサン”
僕は武さんからそれを教わった

                      -----------渡邊孝好(映画監督)


私がごひいきしている佑くんと江口に案内されて、
はじめて行く釜山の観光旅行を楽しんだ気分。

                      -----------佐々木史朗(プロデューサー)

スポンサーサイト
20:35:59 | コメント | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
タイムテーブル決定!
2007 / 08 / 28 ( Tue )
ついに!タイムテーブルが決定しました!!


モーニングショー 10:00~
レイトショー   21:30~



初日舞台挨拶およびイベントも予定しておりますので
定期的にこのブログを覗きにきてください。
ブックマークしておくと便利かもしれませんよsmile-8

<劇場サイト>
渋谷シネ・ラ・セット
http://www.cqn.co.jp/THEATER/lasept
14:09:06 | 最新情報 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
コメント その1
2007 / 08 / 25 ( Sat )
助監督界のラストタイクーン。そんな名物男“武”がいよいよ動き出した!

                        --------平山秀幸(映画監督)

佑のボケがオバチャンのツッコミ(ラストの「日本帰れ」)を見事に決めた秀作

                        ---------森崎東 (映画監督)


18:12:40 | コメント | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
スタッフ紹介
2007 / 08 / 25 ( Sat )
監督は、本作が劇場長編映画デビューとなる武正晴。これまで『パッチギ!』や『69 sixty nine』ほか名だたる監督たちの下、助監督をつとめてきた。現在の日本映画を支え、業界に彼を知らない人はいないとも言える縁の下の”最強の”力持ち。


プロフィール
監督:武 正晴(たけ まさはる)

1967年7月5日生まれ。明治大学文学部卒。
明大映研にて自主映画多数を制作。卒業後、助監督への道を進む。
工藤栄一監督を筆頭に、崔洋一、石井隆、中原俊、井筒和幸各監督らに師事する。
チーフ助監督としての最近の作品に、「パッチギ! LOVE&PEACE」(07年・井筒和幸監督))、『嫌われ松子の一生』(06年・中島哲也監督)『ニワトリはハダシだ』(04年・森崎東監督)など。
今回が初監督作品となる。


スタッフ
監督 武 正晴(たけ まさはる) 
脚本 窪田 信介(くぼた しんすけ)
撮影 鍋島 淳裕(なべしま あつひろ) 
録音 坂上 賢治(さかがみ けんじ)
整音 矢野 正人(やの まさひと) 
編集 今井 剛(いまい つよし)
音楽 Tatsuya(たつや)
主題歌:「a Boy & a Girl」タイムカプセル  
製作 日本出版販売/ブレス/セカンドファウンデーション

18:09:29 | スタッフ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
キャストプロフィール
2007 / 08 / 25 ( Sat )
新米ディレクターのクリハラ役の柄本佑さんと、彼がプサンで出会う謎の女・ヨーコ役の江口のりこさんのプロフィールを紹介します。

柄本佑
1986年生まれ。2001年の春、「美しい夏キリシマ」のオーディションを受け、見事合格。その独特な存在感と、空気のように自然な演技が、空虚さをそのまま形にしたような「康夫」という役にぴたりとはまった。2003年より本格的に俳優活動を開始。
「17歳の風景~少年は何を見たか」(若松孝二監督:05)「春の雪」(行定勲監督:05)「初恋」(塙幸成監督:06)「フリージア」(熊切和嘉監督:07)「檸檬のころ」(岩田ユキ監督:07)など話題作への出演が相次ぐ。


江口のりこ

1980年生まれ。2000年 劇団東京乾電池入団。2002年、三池崇史監督『桃源郷の人々』にて映画デビュー。 その後、ドラマ・CM・映画に次々と出演。 2004年、タナダユキ監督『月とチェリー』では主演に抜擢され注目を集める。「嫌われ松子の一生」(中島哲也監督:06)「LOFT」(黒沢清監督:06)など話題作にも多く出演。今後「全然大丈夫」(藤田秀幸監督)「世界で一番美しい夜」(天願大介監督)などが公開待機中。


<キャスト>
クリハラ/柄本 佑 (えもと・たすく)
ヨーコ/江口 のりこ (えぐち・のりこ)
イガラシ・チャン(2役)/光石 研 (みついし・けん)
マツオカ/川村 亜紀 (かわむら・あき)
ワカナ/前田 綾花 (まえだ・あやか)
17:57:07 | キャスト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
まもなく予告完成!
2007 / 08 / 23 ( Thu )
ブログ更新をさぼっていたら、初日まで1ヶ月を切ってしまいました!

ちらしなど手に入れた方はご存知かと思いますが、

9月22日(土)より
シネ・ラ・セットにて
モーニング&レイトショー


初日舞台挨拶なども予定しておりますので、
今後はこちらのブログを
マメにチェックしてくださいませ。

10:47:55 | 最新情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。