ボーイ・ミーツ・プサン
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
スタッフ紹介その5 編集:今井剛さん
2007 / 10 / 09 ( Tue )
さて5人目は編集の今井さんです。

編集 今井剛 いまい・つよし
1969年静岡県出身。日本映画学校卒業後、JAY FILMにてノンリニア編集のノウハウを研究し、97年に編集技師としてデビュー。以降、行定勲監督の『贅沢な骨』('01)『GO』('01)『世界の中心で、愛をさけぶ』('04)『北の零年』('04)や、李相日監督『69 sixty nine』('04)『スクラップヘブン』('04)『フラガール』('06)など、大作からインデペンデント作品までを幅広く手がけ、多くの監督より絶大な信頼を集める。ほか作品に大谷健太郎監督『ラフ ROUGH』('06)、大九明子監督『恋するマドリ』('07)など。02年『GO』で 第25回日本アカデミー賞最優秀編集賞を受賞。現在Luna-parc代表を務める。


<監督インタビューより抜粋>

 あとポストプロダクションでは、編集の今井さんにも、映画の方向性を決める上で本当に助けられました。いちばん大きかったのは、シナリオではクリハラは最後の最後に、もう一度ヨーコと会うんです。そこも一応撮影したんだけど、映画的に出来すぎている感じがして、僕自身しっくりきてなかった。今井さんはそこを見抜いて、真っ先に外しませんかと言ってきたんです。「それを外すかどうかが、これからあなたがどういう作品を撮っていくかの指標になるんじゃないですか」と。作家性のような大げさなものではなく、自分らしさをいかに出すのか、その道標を作ってくれたと思います。

スポンサーサイト
17:24:18 | スタッフ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
スタッフ紹介その4 音楽:Tasuyaさん
2007 / 10 / 08 ( Mon )

さて4人目は音楽のTatsuyaさんを紹介します。


<プロフィール>
Tatsuya たつや 
広島県出身。60〜70年代の音楽をこよなく愛する作編曲/プロデューサー。良いものは良い、必要なものは必要という持論で、Hard Rockからオーケストレーションまで幅広く手がける。Band等のプロデュースの一方、小林つん太名義でTVドラマ、映画、アニメなどのサウンドトラックを中心に活動。「ぽっかぽか」シリーズや「ナースのお仕事」シリーズなどのドラマ作品のほか、映画は両沢和幸監督『KEEP ON ROCKIN'』(02)、『ナースのお仕事 ザ・ムービー』(02)、渡邊孝好監督『居酒屋ゆうれい』(94)、『新居酒屋ゆうれい』(96)や、故・相米慎二監督『夏の庭』(94)などに音楽プロデューサーや作編曲家として参加。02年To Be Continuedのヴォーカル岡田浩暉と共にThe Garden eelを結成。


<監督インタビューより抜粋>
音楽のTatsuyaさんには最初に、これは音楽映画にしたいと話しました。『卒業』とか『小さな恋のメロディ』のような映画音楽らしい音楽がついた映画、それもアジアチックではなく、どこかヨーロッパ調のバカンスの感じがするものがしたいと、撮影現場でも僕なりにイメージした曲をかけたけど、Tatsuyaさんが作ってきてくれた曲は、そのイメージをはるかに超えていましたね。しかも、フランス語でくるとは思わなかった。

12:46:37 | スタッフ | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
スタッフ紹介 その3撮影:鍋島淳裕さん
2007 / 10 / 02 ( Tue )
さて、3人目にご紹介するのは、カメラマンの鍋島さん。

<プロフィール>
撮影 鍋島淳裕 なべしま・あつひろ
1962年福島県出身。仙元誠三、浜田毅、長沼六男、栢野直樹キャメラマンのもとで撮影助手を務め、『Shall we ダンス?』('96)などに携わる。独立後、『PAIN』('00/石岡正人監督)『イズ・エー』('03/藤原健一監督)『YUMENO ユメノ』('04/鎌田義孝監督)などが海外映画祭で高い評価を受けた。最近作は『メールで届いた物語』('05/清水浩、伊藤裕彰、鈴木元、鳥井邦男監督)『ひいろ』('06/徳江長政監督)『ユメ十夜』('07/清水厚監督)『ラザロ』('07/井土紀州監督)『スピードマスター』('07/須賀大観監督)ほか。瀬々敬久監督の『泪壺』が来年公開予定。TVドラマ、CMでも活躍中。
 

<監督インタビューより抜粋>

現実問題として一回の撮影では撮りきれないから、映画祭期間中は会場と街の様子をドキュメンタリー的に収めて、そこで起きるハプニング的な要素を可能な限り撮ることにしようと。で、たった4人のスタッフと、(柄本)佑と江口のりこを連れて映画祭に乗り込んだわけです。立入禁止の所を佑に歩かせて、警備員に止められる様子を撮ったり、「ここでメシ食うな!」って現地の人に怒られてる姿を撮ったり。佑や江口にしたら、自分が何をやらされてるのか、ほとんどわかってなかったと思います。
最初の撮影では、侯孝賢やキアロスタミ監督に佑がサインもらっているところや、日本の映画関係者の人と話している姿とか、結局ほとんど使えなかったけど、量だけは膨大に撮ったんです。ただそれを持ち帰ったところで、映画祭のドキュメンタリーにはなり得ないし、かといってドラマの舞台になるほど映画祭に絡めてない。で、しばらくは製作自体も宙に浮いたまま間があいて、翌年の春に再始動するという時に、改めて脚本を練り直したんです。要は映画祭はバックグラウンドとしてあるけど、僕らと同じようにクリハラも深く関われないんだと。むしろ映画祭とか街の周りをうろうろしてるキャラクターのほうが、自分にとってリアルに感じられる。それと佑と江口が素材としてすごく面白いので、無理な仕掛けをするより、彼らをフィーチャーして撮りたいと思ったんです。



15:21:26 | スタッフ | トラックバック(2) | コメント(2) | page top↑
スタッフ紹介 その2脚本:窪田信介さん
2007 / 09 / 30 ( Sun )
さてスタッフ紹介、今回は脚本の窪田さん。

<プロフィール>
脚本 窪田信介 くぼた・しんすけ
1967年大阪府出身。学生時代より自主映画を制作。大学卒業後に映画やテレビ作品の脚本、演出、構成、編集、制作などを手がける。主な作品に、北野武監督『あの夏、いちばん静かな海。』('91)演技事務、滝田洋二郎監督『僕らはみんな生きている』('92)アシスタントプロデューサー、榎戸耕史監督『Zero WOMAN 警視庁0課の女』('95)助監督、インターネットドラマ『好き 第2話「波」』('00)共同脚本、『CanCam探偵事務所』('01)監督・脚本、稲川方人監督『たった8秒のこの世に、花を』('04)の制作統括、TBS月曜ミステリー劇場『深追い』('05)脚本など。


<監督インタビューより抜粋>

・・とにかくそこから急ピッチでお話を作り始めて、脚本の窪田(信介)さんには、僕の映画祭体験とか旅の思い出話をして、だんだんと今の原型ができてきた。ただその時点ではまだ、映画祭の映画を撮るという企画意図でした。


さてそんな窪田さんをゲストに迎えたトークも予定しています。

10/5(金)夜9:30の回上映後
ゲスト:桂千穂(脚本家)、窪田信介さん、武監督


こちらも是非!



07:00:00 | スタッフ | トラックバック(1) | コメント(3) | page top↑
スタッフ紹介 その1齋藤勇司プロデューサー
2007 / 09 / 29 ( Sat )
さて、某ブログを真似して、スタッフ紹介です。
とは言っても詳しく知らないので、パンフより転載ですが。。

<プロフィール>
製作・プロデューサー 齋藤勇司 さいとう・たけし
1960年兵庫県出身。中央大学卒業。キティ・フィルムに入社後、キャスティング、プロデューサー補佐等を経験。91年からTVドラマや映画のプロデューサーを務める。主なプロデュース作品として、水谷俊之&富岡忠文監督『セカンドチャンス』('99)、澤井信一郎監督『仔犬ダンの物語』('02)、李相日監督『69 sixty nine』('04)、冨樫森監督『天使の卵』('05)などがある。

<監督インタビューより抜粋>

最初に映画の話を聞かされたのは撮影に行く半年前くらい、2005年の春です。齋藤さんから突然呼び出されて、渡されたメモを見たら、「釜山映画祭で出会った男と女が……」とかある。こんな企画、俺なら見たくないですって言ったのを覚えてます(笑)。で、数ヶ月してまた呼ばれたら、今度はちゃんとプロットになっていて、齋藤さんいわく「今年の釜山は区切りの10回目だから、これを舞台に話を作らないか?」と。作らないも何も一ヶ月後に映画祭ですからね(笑)


07:00:00 | スタッフ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。